観葉植物のサイト「garden style」

観葉植物について 観葉植物の効果 観葉植物と土 観葉植物と水やり ハイドロカルチャー

 

観葉植物と土について

観葉植物にとって大事なものの一つに観葉植物を植える土があります。 土は観葉植物を支えたり、根の生育や栄養の補給、水を保ってくれたりと生長に大きくかかわる大切なものです。 植物に合った土で植えられていれば、根の張りも良くなり生長もしやすくなり、元気になってくれます。 逆に植物に合っていない土の場合、生育が悪くなり最悪の場合には枯れてしまったりします。

観葉植物にとって良い土とは?

観葉植物にとってよい土とはこれらの条件を満たしていると良い土といえます。

水はけ(排水性)、通気性が良い

植物は基本的に水はけの良い土を好みます。 水はけが悪いと根腐れを起こしやすくなります。
水はけが良いということはそれだけ通気性がよく、 根腐れを起こすことが少なくなります。
水もちが良いだけの土では与えた水がいつまでも引かず、いつも土がじくじくしてしまい。 根が酸素欠乏となり、根腐れを起こします。

水もち(保水性)が良い

植物は根から水が吸収できるように土が水を含んでいる必要があります。 乾きやすい土だと、十分に水を吸収できずに枯れやすくなります。

肥もち

与えた肥料が水やりや雨ですぐに流れることなく、 土の中に肥料分が少しずつ溶けだし、しっかり保てることが大事です。

観葉植物用土の種類

一言で観葉植物の土といってもさまざまな種類があり、それぞれ長所も短所もあります。 普通は1種類の土で植え込むことはせずに、互いの特性を組み合わせるように混ぜて使います。

赤玉土

赤玉土は観葉植物の用土としてよく利用される基本用土です。 大、中、小の大きさの粒に分類され販売されています。 水はけ、水持ち、通気性に優れます。

ピートモス

水ごけなどの湿地帯の植物が堆積したものです。 強い酸性で酸度調整済みの商品もあるので購入時には確認が必要です。 軽く通気性、吸水性に富み、水持ち、肥もちに優れます ただ、ピートモスだけを用いると水を吸収しすぎる可能性があります。

腐葉土

腐葉土は広葉樹の落を腐らせたもので、 土に混ぜることで、水はけ、通気性、保肥性を良くすることができます。

バーミキュライト

ヒル石を高温焼成させたものです。 水はけ、通気性、保水性に優れます。

パーライト

真珠岩を高温焼成した白色の人工土です。 水はけ、通気性、保水性に優れます。

川砂

水はけがよいので水はけの悪い土壌の改良に混ぜて利用します。

 

pickup

東京でオフィスの引越し

最終更新日:2017/9/14